March 31, 2020

3/28(土)に左中手骨を4本とも骨折していたトイプードルのオペを今日行いました。プレートはコンベンショナルの径1.0mmスクリューのものです。

March 5, 2020

ここのところ、猫ちゃんの抜歯が続いて入っています。先週は他院さんにて行いましたが、昨年春、残した犬歯と切歯の抜歯を依頼されました。アンキローシスがひどく難儀しましたね〜。昨日も別の他院さんに行って、意外とひどくなく、歯周病や吸収病巣の見られるはだけ抜くことになりました。 今日の猫ちゃんは年齢不明のDSH。

February 20, 2020

紹介の紹介で来院された、ハスキー、4歳、避妊済み雌です。最初にメールで送られてきた写真を見てみましょう。 主咬頭、遠心の咬頭も破折しているようです。趣向等に縦に黒い線が見え、破折面に歯石も見えます。本来の歯肉のラインより、大きく形が変わっています。かなり、歯根にも破折が及んでいるように想像できます。

February 3, 2020

昨年8月にクラス2の不正咬合により下顎両側犬歯が口蓋に接触し外傷を負っていたラブラドールに、MTAを用いて覆髄を行いましたが、6ヶ月が経ち、経過観察を行うことになりました。

February 1, 2020

ご依頼いただいた症例です。大きめのプードル種、スタンダードプードルで6ヶ月齢、BW12.60kgです。原因は、はっきりは分からないが、ベッドぐらいの高さから飛び降りたのではないかとのことでした。 相談をいただいた時は、かなり近位の成長板付近なのかなと思っていましたが、やや離れたところでした。

January 31, 2020

若いトイプードルの前腕部、橈尺骨骨折で来院しました。よくあるパターンですが、膝ぐらいの高さから飛んで、折れたようです。骨折の原因はさまざまありますが、たまに、そんなことで?という原因もあります。 飼い主さんの足元で、真上にジャンプをして着地した際、スネのあたりを骨折したり(脛骨の斜骨折)、先ほどまで床で一人(一匹)遊び

January 23, 2020

尾側口内炎の猫ちゃんです。1年ほど前から口内炎があったとのことでした。内科的治療で思わしくなく、非常に強い痛みがあり、食べたいけど食べられない状態らしいです。早くオペをしてあげたかったのですが、年末にオペをして経過が思わしくない場合に色々と対応が難しいので、年明けまで待ってもらいました。