February 3, 2020

昨年8月にクラス2の不正咬合により下顎両側犬歯が口蓋に接触し外傷を負っていたラブラドールに、MTAを用いて覆髄を行いましたが、6ヶ月が経ち、経過観察を行うことになりました。

December 27, 2019

慌ただしい暮れも押し迫ってきました。2017から始まった歯科の学び直しが、本年2019、ESVPSの小動物歯科口腔外科の認定試験をパスしたことで、一つの成果を得ることができました。 また、歯科機器メーカーさんの依頼で、この1年、月一回ですが、獣医さんを対象にした歯科実習の講師を務めさせていただきました。

September 23, 2019

9月上旬に紹介を受けて実施したゴールデンレトリバー、2歳の208破折の症例です。歯茎の付着部で、かろうじて破折片がくっついており、露髄しているかどうかが意識下での検診では不明瞭でした。

麻酔下での口の状態を見てみましょう。

208の破折片上には分厚いプラークが乗っている感じがわかりますね。 よく見ると、その他の歯でも主咬頭に小さな破折が認められます。

歯石除去をし、 破折片を取り除いたところです。

本当に紙一重で露髄を免れている状況です。間接歯髄覆髄法の適応症例ですが、難しい面があります。209の齲蝕のような幾らか深さのある窩洞を形成し、覆...

August 23, 2019

A lovely 7month old, intact female, Labrador retriever dog was presented with class 2 malocclusion and palatal injuries.

I planed vital pulp capping with MTA. 

 Bony class 2 malocclusion

Small dents were seen inside of each 104 and 204.

Apex of 304 and 404 were opened wide...

Please reload

特集記事

Case #073: 尾側口内炎?歯周病はあるが。(詳細不明)高齢猫で全顎抜歯。

March 5, 2020

1/6
Please reload

最新記事