Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 開放骨折


レントゲン、正面から撮影した像です。

右側(向かって左)の脛骨腓骨遠位端の骨折と(うつっていませんが)左側股関節脱臼が見られます。また、骨折している方の足の大腿骨が変形している事に気づきました。よくよく話を聞いてみると、子猫の時に交通事故で大腿骨遠位端の成長板骨折をしており、私が手術しているという事を聞き、なにかしらご縁を感じました。

#猫 #骨折 #創外固定 #交通事故

17回の閲覧

© Hino Veterinary Clinic. All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon