Case #032: 15歳のラブラドール、口唇にできた腫瘍


今回の症例は15歳のラブラドールレトリバーです。口角の部分にできたただれがひどくなり、非常に強い疼痛があり口臭や血液が混じるだ液もでてくるということで手術をすることになりました。

顎の下(喉元)にも腫れがありますが、下顎リンパ節が腫れており、FNAではリンパ球以外の細胞がたくさん見られ、中には緑色の顆粒もあったので、おそらく口角部のただれは悪性腫瘍を強く疑われました。術前での3方向のレントゲンでは明らかな肺転移像はないので、一応ステージ3と分類しました。

(Operation H30.11.20: intact male, 15yo, Labrador retreiver. Stage 3 = LN FNA: suspected melanoma)

外から見るとこんな感じですが・・・、

めくって見るとかなり広い範囲に及んでいます。

注意深く視診と触診により、1cmのマージンをとって注射針で大体の切開ラインを設定します。

ある程度の出血は避けられません。大胆に鋭性に切開します。

切除を完了しました。

次にリンパ節廓清に移ります。

かなり大きいのが分かりますか?

口腔粘膜側を単純結紮縫合にて閉創し、さらに連続縫合にて念入りに組織を寄せます。

最後に皮膚をナイロン糸で単純結節縫合にて閉創し、

口を大きく開けることで、創面が裂開しないように、 ボタンにて留めます。

手術は4時間半以上に及びましたが、高齢にもかかわらず頑張って乗り越えてくれました。

プロポフォールで導入、酸素とイソフルランで維持。術中輸液をしつつ、やや高窒素血症だったので、ドパミンを3μg/kg/hrで流し、フェンタニルとケタミンのCRIを行いました。手術当日少しふらつきつつも帰宅しました。

2日後に来院してくれましたが、食欲元気ありで、口元は痛がらなくなったとのことで、ホッとしました。私の手もペロペロなめてくれました。

病理検査の結果により術後の治療を検討したいと思っています。

お疲れまでした!

ーーーーーーーーーーーー

Pathology: Melanoma margin clear, LN: Melanoma (by Histo Vet inc in Japan)

ーーーーーーーーーーーー

このオペから丁度1ヶ月後の今日(H30.12.20)、全身麻酔下でボタンと犬歯、ナイロン糸の除去と、口腔粘膜の状態を観察しました。

(one month has passed)

元気食欲旺盛で、体重はやや減ったものの、全身状態は良い状態でした。

(2 button were broken)

4つあったボタンは1個半になりました。今日までに、顔をかゆがる、オペした側の喉元が腫れている、ボタンが取れたなどの相談を頂きましたが、そんなに大変な問題ではありませんでした。

体位を変えて、オペをした側の状況を見ると・・・、

Oral mucosa healed beautifully. No swell around surgical site with palpation.

綺麗にくっついています!

指でじっくりと縫合した部分や、元の口角の部分も触診してみましたが、明らかな局所再発はありませんでした。

最もテンションのかかっていたところは化膿していましたが、原因であるボタンや絹糸は除去しましたから、急速に治癒するでしょう。

Maybe there are metastasis at posterior lung lobe.

少し咳がみられたため、念のためレントゲンをとりました。ちょっと気になる影はありましたが・・・。

この手術の目的は、疼痛からくるQOLの低下(ひどい口臭、血液が混じる流涎、食欲不振、顎顔面患側を触るとおこり時に噛みついてくる。)をできる限り取り除くという事でした。術後の合併症はわずかにありましたが、食欲元気は改善し、何より疼痛は無くなりました。来院の度に、頭をなでもらいに私の方に来てくれるほどになりました。病理検査の結果はメラノーマとの事で悪性腫瘍でしたが、ただ痛みに耐えるだけの生活から、このワンちゃんらしい生活は取り戻す事ができました。手術にもよく耐え、術後エリザベスカラーをし、口を広げすぎないようにする糸とボタンなど不自由にも1ヶ月頑張ってくれました。お疲れさま!

飼主さんも大変満足されており、苦労しましたがやって良かったなと思っています。抗がん治療の開始することになり、一日でも元気で長生きしてもらいたいです。

We will start chemotherapy ( Palladia 50mg, 1t, three times a week ).

Hope it will work well!!

Thank you for many suggestions, Dr. Maria.

#犬 #腫瘍 #口唇 #高齢 #メラノーマ

308回の閲覧

© Hino Veterinary Clinic. All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon