Case #064: 同じく前十字靭帯断裂のヨーキー、BW2.44kg。VOIのElite1.5mm用を使用。


昨日は、午後から他院さんにTPLOのオペをしに行ってきました。前回と同じくヨーキーですが、今回はさらに小さい2.44kg。。。CBLOも検討しましたが、VOI社製TPLOプレートEliteの1.5mmを用いて、コツ切り矯正を行いました。

若干角度が甘いですが、このレントゲンをもとに、角度の測定をし、計画を立てました。

8mmのブレードで骨きり後、

1.5mmのロッキングスクリューを使って、固定をしました。

小さいというのは全てにおいて困難ですね〜

時間はかかりましたが、なんとか固定まで完了しました。

このEliteというプレートは細かなところがモディファイされ、より使いやすくできています。

1.5mmプレートに限っていうと、近位に入れたキルシューナーワイヤーを曲げないと、ロッキング用のドリルスリーブがホールに入れられないという難点がありました。

遠位端のホールと、二つ近位のホールが、だるま状の形になっており、コンプレッションをかけられるだけでなく、ロッキング用の溝も、全体に彫ってあるので、遠位端のスクリューが、皮質骨に被りそうな場合、少しでも近位に打つにも都合良いです。

あと遠位側のキルシューナー用のホールが、楕円になっており、コンプレッション時に抜いておく必要がありません。他にもメリットありますが、それは本国のHpをご覧ください。

#TPLO #前十字靭帯断裂 #ヨーキー #15mmスクリュー

27回の閲覧

© Hino Veterinary Clinic. All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon