Case # 016: a cat with mandibuler SCC and insulinoma (下顎の扁平上皮癌とインスリノーマをもった猫)

June 9, 2018

この症例は1ヶ月ほど前から顎(あご)の骨が腫れていて、食べづらそうにしているとのことで来院されました。16−17歳、雑種、去勢猫です。

This case is a castrated male, mix breed, 16-17 years old cat. BW 8.55kg. 

CC is that he looks difficult to eat and swelling jaw.

 

触診で、右下顎骨の腫れが見られました。口の中はしっかりとは見せてもらえませんでした。

高齢猫ですので、一番に扁平上皮癌を疑います。さっそく麻酔下で腫れているところを病理検索をする為に、組織採取の日程を立てます。採血をして併発疾患の有無、全身麻酔の為の身体状態の評価をします。血液検査では、軽度の高窒素血症(BUN: 43), 明らかな低血糖(Glu: 36)を認めました。かなりやっかいな印象です。

 

初診から4日後、麻酔をかけてスクリーニング的に頭蓋と全身のレントゲン検査も行います。

Day4: Took radiograph of head, thorax and abdomen, and biopsy for pathology under GA. 

 頭を左側の傾けて、右下顎が重なりにくいように撮っています。骨がまだらになっているのと、骨の増生もみられます。それはかなり広い範囲で起きています。

It is seen that bone lysis and hyperplasia of the right mandibular.

 

 このように健常側は、骨の構造が綺麗に見えるものです。

Left side is normal.

 

腹部の中央、向かって左側(患者の右側)に白い影が見えます。 

Looks small calcified mass on his right side of middle abdomen.

 お腹の中央の腹側に、小豆大の骨と同程度の濃さの陰影を認めました。場所的には膵臓に石灰化した部分があるのかなぁ・・・。

Very small calcified mass placed near pancreas?

 

 

念のために、歯科レントゲンを用いて口内法で撮影すると、角突起から下顎接合部まで一様に骨の粗造な構造を認め、骨稜は見られません。

Took some radiographs of mandibular.

 Bone lysis, no periodontal ligament, horizontal bone loss.

Bone lysis on right side and maybe it goes to left side...  Very wide range...

 

 Then extracted 408 because of deep attachment loss. (buccal: 8-5-3mm, lingual: 8-8-3mm)

 Gingiva looks healthy.

 第4前臼歯は重度の歯周病になっている為、粘膜を開いて、

Made a envelope flap then pull 408 out.

この歯を抜去し、病理検体となる骨をロンジュールで採取し、

Took sample at 3 different places with rongeur. 

 骨棘をダイヤモンドバーで除去し平坦にしてから、常法通り、4-0 Monocrylにて単純結紮縫合にて閉創しました。この日も低血糖(glu:32)だった為、プレドニゾロンの内服を処方しました。

Right mandibular bone surface have been smoothed by diamond bur with high speed turbine.

Glucose was still low (32mg/dl). So prescribed prednisolone(PLD) 7.5mg bid 7days.

 

 

1週後、経過観察と採血をしたところ、低血糖が見られ(glu:22)たため、プレドニゾロンを増量しました。

After one week post-op, Glucose was still low (22mg/dl). So PLD up 7.5mg tid.

検査センターに骨組織を提出し、結果が来るのを待ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

プレドニゾロンを1日3回投与にしたところ、血糖値の上昇(glu: 79)が見られ、ひとまず低血糖による痙攣の発生の可能性は低くなりました。

After 12days post-op, Glucose was 79mg/dl.

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

病理検査と血液インスリン値の結果が揃いました。

病理検査結果:扁平上皮癌

血液精密検査:インスリン値=6.89ng/ml (ref: 0.27-0.69)

インスリン値から、インスリノーマと診断して良いと思われます。

Day 17: Pathology report has come. It was SCC.

Blood Insulin was 6.89ng/ml(ref: 0.27-0.69)  So I diagnosed as insulinoma.

診断がついたので、題名を変更しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Now ( July 9th 2018) I came back from Improve international dentistry course.

I attended a lecture of Dr. Maria Camps, DVM, ACVIM. The subject was oral oncology.

Dr. Maria gave me good information which Palladia would work insulinoma. Maybe we can stop PLD. If it realize, we can give him Piroxicam. 

Thank you very much, Dr. Maria!!

So Palladia should be 1/2 tab of 50mg?

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Day 50

Bw 7.80kg , Glu 181mg/dl, BUN 66.2mg/dl, Cre 2.86mg/dl, ALT 225U/L, ALP 62U/L

Started Palladia 15mg/head 3 times per week (Mon, Wed, Fri).

And changed PLD 7.5mg (5mg1+1/2t) twice a day.

Started transfusion of LR solution 300ml subcutainously once or twice a week.

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Day 55

Appe(+/-)

Bw 7.6kg , Glu 140mg/dl

PLD 7.5mg is once a day.

Seems no side effect by Palladia

 

304 is positioned at right side.

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Case #067: 骨移植について

December 10, 2019

1/5
Please reload

最新記事