Case #067: 骨移植について

December 10, 2019

以前、猫にできた口蓋の口鼻瘻(ONF)の治療を行い、もう治ったと思っていたのだが、残念なことに別の部位に再発してしまった。米国の獣医歯科専門医の先生に相談したところ、自分だったらこうするという意見をいただいたが、その中の一つが骨移植だった。

 

日本国内では購入ルートがないので、もし購入したい先生にお役に立てばということで掲載したい。

 

製造元は以下。

Veterinary Transplant Services, Inc

 

 

 私が購入したのは、Veterinary orthopedic implantより購入した。

https://vetimplants.com

 

TPLO用のインプラントをはじめ、ロッキングのインプラントをよく購入していることもあり、日本語ができるVOI社のミカさんに相談したところ、新しい製品なので発送までに2週間ほど時間を欲しいと言われた。が、実際は注文して1週ほどで届いたと記憶している。

 

私が購入したのはsize3。一つずつ滅菌されており、常温で保管である。

写真にあるのは、使用後(オペで必要な大きさに切った残り)のもの。

 真ん中の銀色のパッケージの中に、クリアーのケースに入れられたbone membrane(というより骨板)が滅菌されて入っていた。

 

カタログにはないが、厚みは1mm丁度。

 

 乾燥していると針は通過しないが、

 

 血液や水で濡らすと縫合針も貫通できる。写真は、PDS4-0丸針。 

 

 

 オペに使用する前のものはないので、稚拙な絵だがこんな感じ。スジが入っている。使用前で乾燥しているわからないが、濡らすとこういう構造だということがわかる。

 

 使用にあたって、最も注意が必要なのは、このスジが入っているということかと思う。木の板のような。。。この写真からわかるかなぁ。。。なので、このbone membraneを何かの補強のために使おうとかいう場合、端っこに穴を開けたり、穴の間隔が近かったり、太い縫合針やキルシュなーワイヤーを刺すと場合によっては真っ二つに割れてしまうかもしれない。その場で破損はなくても、かなり速いスピードで強度は低下するのではないか。

使用したのはこの一度だけなので、全ての製品で、このように綺麗に縦に筋が入っているのか、斜めにカットされたものが来るのか、その辺については不明である。

 

注意書きには、一患者に1回のみの使用と書かれてもいるし、使用するにあたっては詳細をご確認の上、各獣医師の責任のもとご使用ください。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

Case #073: 尾側口内炎?歯周病はあるが。(詳細不明)高齢猫で全顎抜歯。

March 5, 2020

1/6
Please reload

最新記事