口腔外科 |1 |ブログ|日野どうぶつ病院

blog

Case #079: 右側口唇と口腔粘膜の重度損傷を認めた猫ちゃん | 歯科

Case #079: 右側口唇と口腔粘膜の重度損傷を認めた猫ちゃん

Case #079: 右側口唇と口腔粘膜の重度損傷を認めた猫ちゃん | 歯科
  早いもので、新型コロナで始まった令和2年も、すでに半年が終わろうとしています。 2017-2018年で、自分自身の歯科の勉強の仕上げをするために参加したImprove Internationa…
Case #051: 口鼻瘻(ONF)の猫の相談 | 歯科

Case #051: 口鼻瘻(ONF)の猫の相談

Case #051: 口鼻瘻(ONF)の猫の相談 | 歯科
とある勉強家で知り合った先生からの相談の症例です。 高齢猫で、右上顎にONFがあります。他の歯にも大量の歯石が付いており、そのせいで口腔粘膜に潰瘍ができていて、その際にONFの閉鎖もしようとのことでした。高齢動物の歯石上のプラークに…
Case #047: 超重度の歯周病の犬、(難治性)甲状腺機能低下症 | 歯科

Case #047: 超重度の歯周病の犬、(難治性)甲状腺機能低下症

Case #047: 超重度の歯周病の犬、(難治性)甲状腺機能低下症 | 歯科
  先月終わり頃、大変困難な歯科症例の治療をしました。普通は治療しないと思います。 ミニダックス、未去勢、14歳例です。主訴は、歯石がひどい、鼻水たまにクリームっぽい色のものが出る…
未萌出歯と含歯性嚢胞について | 歯科

未萌出歯と含歯性嚢胞について

未萌出歯と含歯性嚢胞について | 歯科
今週は月曜日(4/16)と水曜日(4/18)に未萌出歯の抜去手術をしたこともあり、この病気について取り上げてみたいと思います。4/18の症例は、切開した時に透明な液が少し出てきた感じがあり、もしかしたら、含歯性嚢胞になっ…
Case #044: 下顎吻側のデグロービングのミニダックス | 歯科

Case #044: 下顎吻側のデグロービングのミニダックス

Case #044: 下顎吻側のデグロービングのミニダックス | 歯科
前日に、軽トラックの荷台から飛び降りた際、下顎の皮膚が剥けてしまったようです。ひどい出血があったとのことです。どうしても日程が都合悪く、3日ほど待っていただくことになってしまいましたが、口腔内検査とレントゲン検査も行い、しっかりと口腔全体…
Case #032: 15歳のラブラドール、口唇にできた腫瘍 | 口腔外科

Case #032: 15歳のラブラドール、口唇にできた腫瘍

Case #032: 15歳のラブラドール、口唇にできた腫瘍 | 口腔外科
今回の症例は15歳のラブラドールレトリバーです。口角の部分にできたただれがひどくなり、非常に強い疼痛があり口臭や血液が混じるだ液もでてくるということで手術をすることになりました。 顎の下(喉元)にも腫れがありますが、下顎リンパ節が腫れ…
TOP