ブログ|岐阜市で犬猫の動物病院なら日野どうぶつ病院

blog

Case #079: 猫の慢性口内炎(GS) 食道チューブの取り付け方 | 歯科

Case #079: 猫の慢性口内炎(GS) 食道チューブの取り付け方

Case #079: 猫の慢性口内炎(GS) 食道チューブの取り付け方 | 歯科
今月は6/1に橈尺骨骨折のトイプードルのオペをした以外、オペは全て歯科・口腔外科がほとんどで、日々、厳しい症例に向き合っています。16-17:00台の診察の予約がなかなか取れない状況で、もしかしたらご迷惑をおかけしているかもしれません。…
Case #077: 重度歯周病をともなう下顎両側骨折、トイプードル | 整形外科

Case #077: 重度歯周病をともなう下顎両側骨折、トイプードル

Case #077: 重度歯周病をともなう下顎両側骨折、トイプードル | 整形外科
  最近、中足骨4本とも骨折してたり、モンテジア骨折とか、ちょっとマイナーでしかもかなり大変な骨折が多い気がします。猫の脛骨分節骨折も、イージーに見えましたが、AO分類では、難しい方に分類されていますしね…
Case #076: 脛骨(と腓骨)の分節骨折の猫 AO分類4-2-C2 | 骨折

Case #076: 脛骨(と腓骨)の分節骨折の猫 AO分類4-2-C2

Case #076: 脛骨(と腓骨)の分節骨折の猫 AO分類4-2-C2 | 骨折
  猫の脛腓骨骨折 分節タイプ AO分類4-2-C2 倒れた棚の下敷きになってしまったとのことで、紹介されて来院されました。 術前のレントゲンはこ…
Case #075: 猫のモンテジア骨折w/ファイバーワイヤーを利用, AO分類2-1-A1 | 整形外科

Case #075: 猫のモンテジア骨折w/ファイバーワイヤーを利用, AO分類2-1-A1

Case #075: 猫のモンテジア骨折w/ファイバーワイヤーを利用, AO分類2-1-A1 | 整形外科
岐阜県もようやくコロナが落ち着いてきたようで、ホッとしています。まだまだ自粛は続けていきたいとは思っていますが、少しはストレスが減るかな。 しばらく忙しく、なかなかアップできずにいましたが、今回は1歳ぐらいの若い猫で、原因不明の左側…
Case #074: TPLOとしては10例目。11歳のヨーキー症例。新型コロナの予防対策と。 | 整形外科

Case #074: TPLOとしては10例目。11歳のヨーキー症例。新型コロナの予防対策と。

Case #074: TPLOとしては10例目。11歳のヨーキー症例。新型コロナの予防対策と。 | 整形外科
新型コロナの感染拡大が止まりません。大切な予防対策は二つ、(1)手をよく洗うこと、(2)手で顔に触れないこと、です。飛沫感染よりも直接触れる接触感染の経路を断つことが大事だと、ニューヨークでコロナの治療の最前線に立って治療をして…
Case #073: 中手骨4本とも骨折のトイプードルちゃん | 骨折

Case #073: 中手骨4本とも骨折のトイプードルちゃん

Case #073: 中手骨4本とも骨折のトイプードルちゃん | 骨折
3/28(土)に左中手骨を4本とも骨折していたトイプードルのオペを今日行いました。 BW4.55kg, BCS 8/9のぽっちゃりちゃんで、落下による骨折です。 プレートはコンベン…
Case #073: 尾側口内炎?歯周病はあるが。(詳細不明)高齢猫で全顎抜歯。 | 歯科

Case #073: 尾側口内炎?歯周病はあるが。(詳細不明)高齢猫で全顎抜歯。

Case #073: 尾側口内炎?歯周病はあるが。(詳細不明)高齢猫で全顎抜歯。 | 歯科
    ここのところ、猫ちゃんの抜歯が続いて入っています。 今日の猫ちゃんは年齢不明のDSH。10歳超えてるだろうなぁと思うですが・・・。10匹いると言われたので、何歳くらいだと思います?と聞いたところ、12~13歳とのこと。同…
Case #072: ハスキー、4歳、雌の108破折・・・抜歯。 | 歯科

Case #072: ハスキー、4歳、雌の108破折・・・抜歯。

Case #072: ハスキー、4歳、雌の108破折・・・抜歯。 | 歯科
紹介の紹介で来院された、ハスキー、4歳、避妊済み雌です。 最初にメールで送られてきた写真を見てみましょう。  主咬頭、遠心の咬頭も破折しているようです。趣向等に縦に黒い線が見え、破折面に歯石も見えます。本来の歯肉のラインよ…
Case #057: (経過観察)MTAを用いた生活歯髄切断法を行ったラブラドール | 歯科

Case #057: (経過観察)MTAを用いた生活歯髄切断法を行ったラブラドール

Case #057: (経過観察)MTAを用いた生活歯髄切断法を行ったラブラドール | 歯科
昨年8月にクラス2の不正咬合により下顎両側犬歯が口蓋に接触し外傷を負っていたラブラドールに、MTAを用いて覆髄を行いましたが、6ヶ月が経ち、経過観察を行うことになりました。 2日ほど前に、被せ物が取れているかもしれないと電話相談…
Case #071: スタンダードプードル、脛腓骨近位1/3ほぼ単純斜骨折。AO分類4-1-A2 | その他

Case #071: スタンダードプードル、脛腓骨近位1/3ほぼ単純斜骨折。AO分類4-1-A2

Case #071: スタンダードプードル、脛腓骨近位1/3ほぼ単純斜骨折。AO分類4-1-A2 | その他
  ご依頼いただいた症例です。大きめのプードル種、スタンダードプードルで6ヶ月齢、BW12.60kgです。原因は、はっきりは分からないが、ベッドぐらいの高さから飛び降りたのではないかとのことでした。 相談をいただいた…
TOP