ブログ|岐阜市で犬猫の動物病院なら日野どうぶつ病院

blog

Case #002: 猫 脛腓骨 粉砕 開放骨折 | その他

Case #002: 猫 脛腓骨 粉砕 開放骨折

Case #002: 猫 脛腓骨 粉砕 開放骨折 | その他
 写真は術後2日目のものです。傷の真ん中あたりはあまり綺麗な感じはないですね。 この患者さんはお正月休みに入る直前に手術をしました。年末年始は飼主さんの希望もあり、自宅にて看護をして頂く事になりました。過去の経験をふまえ、絶対にケー…
Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 粉砕 開放骨折 | その他

Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 粉砕 開放骨折

Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 粉砕 開放骨折 | その他
 2−3年前の事ですが、保護された猫の大腿骨の粉砕骨折のオペのことを思い出しました。切皮し、筋膜を鈍性剥離して大腿骨にアプローチしたとたん、膿がでてきました。保護された猫なので、おそらく交通事故が原因だと思いますが、事故時、骨が一…
拡大鏡 | その他

拡大鏡

拡大鏡 | その他
話は急にかわりますが・・・、昨年、拡大鏡のライトを買い替えました。拡大鏡はキーラー&ワイナーというメーカーのものを使っていますが、ライトはLEDが出る直前の、いわゆる1世代前のものでした。スイッチの調子が悪かったのですが、だましだま…
Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 開放骨折 | 骨折

Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 開放骨折

Case #002: 猫 交通事故 脛腓骨遠位端 開放骨折 | 骨折
レントゲン、正面から撮影した像です。 右側(向かって左)の脛骨腓骨遠位端の骨折と(うつっていませんが)左側股関節脱臼が見られます。また、骨折している方の足の大腿骨が変形している事に気づきました。よ…
Case #002: 開放骨折, AO 4-3-3 猫 脛腓骨骨折 | 骨折

Case #002: 開放骨折, AO 4-3-3 猫 脛腓骨骨折

Case #002: 開放骨折, AO 4-3-3 猫 脛腓骨骨折 | 骨折
  猫も室内だけというライフスタイルが定着してきており、猫の交通事故による骨折はひと昔、ふた昔前より格段に少ないです。そんな中、今回はかなり厳しい症例が回ってきました。骨折部位は…
Case #001: 猫 吸収病巣 | 歯科

Case #001: 猫 吸収病巣

Case #001: 猫 吸収病巣 | 歯科
​​(アップが増えてきたので、徐々に1症例ごとにまとめています。H30.3.26)  今日も猫ちゃんの歯科治療が入りました。 オペ前の診察では、明らかに吸収病巣がありそうでした。臨床症状は、顔を触られるのを嫌がるということ…
TOP